ハピネスセンター:一般財団法人塩尻筑南勤労者福祉サービスセンターは、長野県塩尻市・山形村・朝日村地域の中小企業で働く人のための福利厚生制度の充実を目指して設立されました。 個々の事業所では実施が難しい各種祝金・弔慰金などの給付や、バス旅行などのレクリエーション、東京ディズニーリゾートや近隣のレジャー施設、入浴施設といった休日を楽しく過ごせる施設の利用料金の補助など、さまざまな福利厚生事業を事業主に代わって実施しています。 月々わずかな会費をお支払いいただくだけであなたの事業所の福利厚生が充実します。

<名称>

一般財団法人 塩尻筑南勤労者福祉サービスセンター

<愛称>

ハピネスセンター

<シンボルマーク>

<マークの由来>

北アルプスの麓、塩尻・山形・朝日はL字型のサラダ街道で結ばれています。よりよい連繋(リンクLink)、生活(ライフLife)、拡大(ラージLarge)を目指す「L」を中心に置き、このマークができました。

あゆみ

昭和48年8月
塩尻市勤労者互助会 設立
平成6年4月
塩尻筑南勤労者互助会 設立(塩尻市・波田町・山形村・朝日村による広域運営)
平成11年4月
財団法人塩尻筑南勤労者福祉サービスセンター 設立
平成22年3月
波田町が松本市と合併し脱会
平成25年4月
一般財団法人塩尻筑南勤労者福祉サービスセンターに移行

活気ある職場づくりを応援します

ハピネスセンターの目的は、地域内の中小企業で働く勤労者とその住民に対し、総合的な福祉事業を行うことにより、中小企業勤労者等の福祉の向上を図るとともに、中小企業の振興及び地域の発展に寄与することです。
総合的な福祉事業というのは、働く仲間の助け合いである共済事業をはじめ、レクリエーションや文化・レジャー施設利用の余暇事業、健康維持増進や自己啓発事業等多岐にわたっています。

わずかな会費で充実した福利厚生

各種祝金や弔慰金等の共済給付金、バス旅行の企画、近隣施設や東京ディズニーリゾートの利用料金補助等のレクリエーション事業、人間ドック受診料等の補助など、個々の事業所では実施が難しい福利厚生事業を事業主に代わって実施しています。
ハピネスセンターは、市・村からの補助金を受けており、営利を目的としていませんので、会員の皆さんからの月額550円というわずかな会費で充実した福利厚生を手に入れることができます。