慶弔金

会員としての資格を取得した日(入会届の受付日の翌月1日)以後に、給付事由が発生した場合に会員からの申請・請求により給付されます。

慶弔金一覧

慶弔金給付 申請書・証明書(2ページ)

※P2は現金での受領を希望する場合のみ必要です。

人間ドック等受診料補助金

会員が、人間ドック、PET検診又は脳ドックを受診した場合、1年(4月~翌年3月)に1回、いずれか一種類のみ、会員からの申請により給付されます。
  ※生活習慣病予防健診などの健康診断は対象外です。

人間ドック等の種類 補助金額
人間ドック

3,000円
※領収書記載額が10,000円以上の場合に限る

PET検診
脳ドック

申請用紙はこちら

宿泊施設利用補助金

会員が宿泊施設に宿泊した場合、1年(4月~翌年3月)に1回、会員からの申請により給付されます。
補助金額は2,500円です。

申請用紙はこちら

インフルエンザ予防接種補助金

会員がインフルエンザ予防接種をした場合、1年(10月~翌年2月)に1回、会員からの申請により給付されます。
補助金額は65歳未満1,000円、65歳以上500円です。
※補助の対象となる接種期間:10月~翌年1月

申請用紙はこちら

在会祝

会員がハピネスセンターの会員となって5年、10年、15年、20年、25年、30年、35年、40年が経過したとき、会員からの申請によりハピネスセンターから在会祝を贈呈します。
※対象者にはハピネスセンターから申請用紙を送付します。ただし、5年は記念の指定施設利用補助200円券を事務局から送付します。

その他事業(自己啓発・ハピネス推奨婚活イベント・ハピネス推奨ツアー等)

ハピネスセンターでは、「ハピネス推奨婚活イベント」「ハピネス推奨ツアー」として、婚活イベントやバスツアーを紹介し、その参加に対して費用の一部を補助しています。
ご家族だけでなく、お友達を誘っての参加もOKです。
対象となるイベントやバスツアーの紹介、講座の参加募集は、ハピネスセンターだよりでご案内します。

その他の事業はこちら

施設利用補助

ハピネスセンターでは、会員の方にセンターが指定する近隣の施設(小坂田公園、あさひプライムスキー場、レザンホール、日帰り入浴施設など20ヵ所以上)や東京ディズニーリゾートの利用補助券を発行し、利用料金を補助しています。
補助券は、会員だけでなく同居のご家族も利用できます。

補助券の種類

補助券の申込用紙はこちら

ディズニーリゾートの特典

その他(生活支援)

資金貸付あっせん事業

会員は、次の融資が受けられます。ただし、事業主は除きます。

項目 生活資金・住宅資金 勤労者福祉(協調融資)
対象者 ・同一事業所に1年以上勤務し、かつ引き続き勤務しようとしている会員
・会費の未納がないもの
対象資金 教育費・医療費・出産費・冠婚葬祭費・自動車購入費・住宅建築・土地・家屋購入資金
融資金額 労働金庫の定めによる 生活資金 200万円
住宅資金 200万円
貸付利率 労働金庫の定めによる 変動金利と固定金利
返済方法 生活資金:10年以内、住宅資金:10年以内
貸付資金の補助

長野県労働金庫よりあっせん対象の資金貸付を受けた会員に、当該貸付資金に対して補助金を交付します。
貸付を受けたときはサービスセンター事務局へ連絡してください。
◎補助金の額:貸付を受けた額の0.5%の額又は3万円のいずれか低い額

中小企業退職金共済制度(中退共)

ハピネスセンターでは、中退共に関する情報提供及びあっせんを行っています。
◎制度のしくみ

加   入 事業主がサービスセンターを通じて中退共加入の申し込みをします。
掛金の納入 毎月の掛金は事業所の口座から自動振替いたします。
退職金の支払 従業員が退職したときは、その従業員に中退共から直接退職金が支払われます。
中小企業退職金共済制度のホームページはこちら
全福ネット入院あんしん保険

ハピネスセンターも加入している各サービスセンターの全国組織である全福センターが開発した、会員の皆様の「安心と安全」をお守りするための団体医療保険です。格安な保険料で、病気やケガで病院に入院したときに威力を発揮します。

全福ネット入院あんしん保険の案内はこちら
― 資料請求・お問い合わせ ―

<幹事代理店>
株式会社全福サポートサービス「全福ネット入院あんしん保険相談デスク」
フリーダイヤル:0120-055-512(土日祝日を除く9:30~17:00)
<募集代理店>
AandA(株) 〒390-0835松本市高宮東4-23
TEL:0263-87-7358 FAX:0263-26-3835